ビートメイク奥義

諸用ありまして、2004年ごろに作成していたビートのデータを開くという作業がありました。18年前はがっつりハードディスクドライブの時代。ということで2ミックスは救出できたとしても曲のデータまで開くとなるとなかなか無理があるだろうと思っていましたが、意外と開いてこっちもビックリしているところです。

過去の遺産

それで思わずツイートもしてしまった通り、サウンドが驚くほど安定していて、プロダクションとしてとても良かった。自画自賛で恐縮ですが過去の自分に学び直すところがあったので、気づいたことを少しまとめておこうと思います。奥義、は完全に言い過ぎです。

当時はとにかく波形でなんとかしようという考えでした。必要な音は波形から作り出すスタイル。ネタがサンプリングだったので、その時点である程度のメロディ感やアンサンブルは完成されていたというのもあります。基本的にネタを敷き詰めて、ドラムを足して、ベースを足して、曲としての展開をつけてという流れ。いたってシンプルなヒップホップのビートです。これに必要であればストリングス、リード、エレピ、ピアノなどを足すということも頻繁にやっていました。

今の自分のプロダクションと大きく違うのは、足すドラムをAkai MPC4000(もしくは3000)から鳴らしていた事。ベースはエレキベースを弾き、シンセはハードウェアのKORG TRITON-Rack(もしくはYAMAHA MOTIF ES)から録音していたということ。MIDIも半分以上は使用せず、ループを流しながら良い演奏や音が出たら録音して、録ったものを波形編集するといった具合。

MPC4000と3000には共通して、普段使いのドラムサンプル集、レコードからサンプリングしたブレイクや、SP1200でサンプリング後ピッチダウンしたサンプル音などを取り込んでいました。またサイン波ベースはS950からサンプリングしていたのを記憶しています。当時の定番、てやつですね。ここら辺はシステム的には簡素ですし、今の複雑なプロダクションとは比べ物になりませんが、ヒップホップの場合はここにレコード持ってる(もしくは知ってる)持ってないという分厚くて高い壁があったのも覚えています。

さすがに当時もMIDIはありましたしプラグラミングも結構簡単に出来ましたが、上記の「弾いて録って編集」という方法がサウンドに緊張感があり、かつ音楽的な仕上がりを得られるなと思ったのを記憶しています。いま改めて聞き直して、やっぱり同じ印象でした。

加えてこれもコツじゃないですが、当時は優れたオーディオインターフェイスが簡単に手に入る時代では無かったので、プロダクションの音は全体的にそこまでよくありませんでした。いまでこそ古いミキサーやビンテージのプリを通して良い感じにとか言えますけど、当時はそんなことをすると本当に音が悪くなってました。ですのでいろいろ試しながら仲間とも情報交換をした結果、オーディオインターフェイスにシンセやサンプラーを直結させるのが良いという話でした。実際この方が好印象だったのでレコーディングでは楽器類は常にインターフェイス直結でした。

WAVES

当時はプラグインを買うお金が無かったですし、DAWバンドルを除けば実務にたる無償プラグインも無かった。その結果30曲以上開いたセッションの9割以上でWAVESのプラグインしか使っていませんでした。

しかもほとんどのトラックでREQとC1この二つのみで作り込んでいるという、いま考えると暴挙に近いことをひたすらやっていました。リバーブその他の空間系もマスターチャンネルもWAVESの製品のみで構成していたことが、長い時間が経ってもセッションがすんなり開ける大きな要因になったと思います。WAVES製品もProtoolsと同様、見た目が変わってもバージョン間の互換が取れるよう徹底されていると感じます。ここが老舗の老舗たる所以なのかもしれないと思いました。

画像だけだとわかりにくいかもしれませんが、結構細かくEQしてました。コンプも強く潰すなどして原音の質感を意図的に変えていました。特にドラムブレイクなどは曲に合わせて意識的に質感を変えるなどしていた他、ネタのサンプルは必ずトラックごと複製して、ローパスフィルターをかけてベースの帯域を生成、もう一方はハイパスにして中域をドラムに明け渡すなど、いわゆるハードウェアサンプラーで往年のビートメイカーがやっていた基本的なことを再現するような努力が見られました。

グルーヴ感

このほか、波形はアタックで切って、ひとつひとつグリッドからずらしていたこととか、ずれた先で他の音とのアンサンブルにも配慮していたこととか、いろいろ発見がありました。ここから随分時間が経ってポップスの仕事などもするようになって、逆に全てオングリッドでビタビタの方がアレンジとしての問題が起こりにくいとか、オングリッドでもヴェロシティで音の強弱をつけることで表現が豊かになることを学びました。が、やはりヒップホップ、ひいては自分の音楽はこういう「ずらしてグルーブを作り出す」方がカッコいいんだなと、改めて思い知りました。曲全体というより、4小節または8小節のループ作りに時間をかけていたことも思い出しました。今ではグリッドからずらすこともオングリッドで並べることも無意識にやっていますが、ちょっと無意識すぎる自分がいることも確かで、もう少し「ずらす」つまりグルーブを生み出すことに執拗に取り組む必要性を改めて感じました。

ちなみにこれは余談で大きな声では言えませんが

マスターチャンネルはほとんどの曲で赤が付いてました笑。

化石ファイルの開き方

最後に限定的なワンポイントですが、古すぎるセッションデータを開くには少しコツがありました。

ファイル末尾が「.ptf」「.ptx」のものは問題なく開けますが、時々、

こういう謎アイコンが出て来ます。ファイル末尾も不明(というか不明だからこうなってる)

この場合は右クリックから「このアプリケーションで開く」→「その他」

と選択し、

選択対象を「すべてのアプリケーション」にしてProtoolsを選択すると問題なく開きました。勘の良い人はファイル末尾を「.ptf」などに書き換えて開こうとすると思いますが、これをやってしまうとセッションファイルの中身が破損するようです(ファイルは開くがオーディオが並ばないとか、そういった謎症状)。

勘の良い人が損をするなんて興味深いですが、考えるのも面倒なので覚えておくと良いかもしれません。

まとめ

さてさて、過去の自分になかなかの贈り物を頂いたと思ったわけですが、「弾いて録って波形編集」って最高だけど、曲全体のキーチェンジは出来ないかもしくは最初からやり直す必要が出て来ますよね。ですので何もかも昔に戻って最高!みたいにはならないと思いますが、やはり自分の中に眠らせてしまっている良いものはしっかり発掘して、今に活かしていきたいなと思った次第でございます。

物事はシンプルに、

ツールもシンプルに、

やることもシンプルに、

楽しんで

うんちくよりも勢い大事

ということだなとつくづく感じました。

早速MPC4000とかTRITON,MOTIFなんかを探し始めてます。だいたいですがトータル12万位で揃う。やったことがあるという点で確実なプロダクションのグレードアップが12万でできるのやばくないですか!?笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。