PC自作・ザ・セカンド(ケース編)

そういえば!PC自作の時ってわりとケースにも拘ってるんでした。

ただ拘っているわりに得るべきものを得ているかはちょっと不明(笑)

全くわからない方のために、PCケースはマザーボードの規格から選定を始めます。マザーボードの規格にはE-ATX、ATX、Mini、Microなどあります。規格によって変わるのはマザーボード自体の大きさ、そして拡張性です。特にPCIカードの転送速度と挿せる枚数が変わります(詳しくはこちら)デスクトップPCでDTMやろうって人は大体E-ATXとかATXだろうけど、個人的にはMiniATXでも良いと思っている。

ちなみに1代目のPCはE-ATXでケースも両手で手が回りきらないくらいw大きかったです。デスクトップなんて普段動かさないんだから大きくてもいいだろとか思ってたけど、実際は何回も外スタジオに持ち出して仕事したりしたものですから、今回はちゃんとATX対応の中でも小さめのケースを選びました。

選んだのは"Fractal Design Define C"

もうどこのPCショップにも置いているような定番機であり、新しくもない物です(笑)価格的にはそこそこする(安くはない)。持ち上げた時の筐体の剛性感とか、全体が厚めの鉄?で覆われていて、全体的に質感が高いと思いました。ここがプラスチックなど軽い素材だと内部の音に共振しやすいため、いわゆる静音能力的には落ちるのかなと思います。ま、爆音だと鉄でも響きますけども(笑)

PCパーツ業界について全体的に言えるのは、音響という点では意識が高いとは言えないため、メーカーによっては内部にスポンジを貼っただけで「静音ケース」とか言い出す始末です。その点はあまり信用できない(数値的なデータを公開しているメーカーもありますが)。ですのでケースだけは実際に店頭に出向いて、自分で触って質感の高いものを探す方が良いように思います。

周波数にもよりますが、基本的に音は密度が低く軽いものから順に共振しやすい性質があります。ですのでプラスチックよりは鉄が良いし、薄いより厚い方が遮音性は高く、PC壁面の共振による内部の音漏れの音はしにくいと言えます。

とはいえ、ファンの吸気用の開口部はどのケースにも必ずあるので、ファンの音がしないPCというのは実現が難しいです。ですのでケースひとつで静音完璧、みたいにするのは現状不可能です。そこにコストをかけるよりは、作業の邪魔にならない程度の静音を目指すために、パカみたいにハイスペックなグラボとか、TDPが高く発熱の大きいCPUなどを避ける方が得策です。またBIOS側からの設定でオーバークロックや自動ブーストなどを制限することで、全体的な静音パランスを目指すなどの方法がより現実的かなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。