PC自作・ザ・セカンド(SSDドライブ編)

しばらく間が空きました。3月くらいまでやりたい放題野放しだった過密スケジュールが悪影響を及ぼして一回病んで、そして戻ってきた感じです(笑)

今年のはじめに作った自作PCの件の続きです。今回はSSDドライブの話

基本的にOSその他アプリのインストール用(このドライブで基本的にPCを駆動する)に1本、主にKONTAKT音源のデータ、その他サンプルベースのシンセなどもデータ容量が大きくなりがちなのでそれ用に2本用意しました。

今時だと容量がとても大きなドライブも普通に入手できるのでそれで良さそうなものだけど、そこは多少のこだわりがあり(後述します)。。。

ドライブを選ぶときの注意点としては、もう時代的になるべくNVMe M.2タイプのSSDを使っていきたいというところ。NVMe M.2の難点は価格的なことももちろんですが、発熱の問題、接続の問題など確認すべき項目が多少多くなる点です。自分は全てM.2で駆動する予定だったので、マザーボードがM.2を3本、ネイティブ速度で直接マウントできるものを選んでるし、メインファンとの位置関係も考慮してあるので、この辺は全く問題ありませんでした。

1本目はOS用。SAMSUNG SSD 970 EVO Plus M.2(Type 2280) SSD 1TBを選びました。

OSドライブは割と頻繁に書き込みを行うので書き込みの規格なども一応気にしています。本当はSLCがベストなんだけど、価格と容量、また現実的に入手できるかどうかも考えたらMLCタイプ(書き込み方法の違いについてはこちらが詳しく分かりやすかったです)しかないかなと。容量的に2TBが安心と思いがちですが、コスト以上に記録媒体の数や電力数、破損劣化のリスクなど考えるとできるだけ必要最低限が望ましいかと思います。

2、3本目は耐久性を考慮しつつ、WD(Western Digital)で揃えました。

https://shop.tsukumo.co.jp/goods/0718037865379/

真ん中のSN750の2TBを2本。これに先程のデータ類を全て書き込みます。

選定のポイントは書き込み耐久性(黒線部分;例えば2TBでも上書きすれば書き込むデータ量は多くなるので、それも含めて何TB書き込めるかをTBWで表している)が高いこと、読み出し速度が速いことです。ドライブの選定にはどの数値も重要に思えますが、データ用ドライブは基本的に書き込むのはインストール時のみ。あとは読み出しだけなので、耐久性と合わせて考慮しました。

SSDのメーカーを統一しないのも多少の意図があって、例えばメーカーリコールなどで後々不良品であることが発覚した場合、ふたつのメーカーが同時にそのような事態に陥ることは極めて稀でしょうと、そういう希望的観測があります。遥か昔ですが、Seagateのハードディスクでそのような不祥事があり、界隈ではちょっとした大ごとになったことがあります(大まかな内容はコチラ)。

まぁこんな感じかなぁ。

え?楽曲のデータは?と思われてますかね(笑)

楽曲データは基本的に外付けハードディスクで管理してました、最近まで。今年に入ってかな、ここもSSDにしたのは。実は音声データを書き込んだり、再生したりするドライブによっても音が変わるという人もいて、まだ検証できていないんですが、私見では確かに違って聞こえるかもな、、、という印象でした。

「SSDの方が張りがある」っていうのかな、まぁそんな感じです。嫌いじゃないのでそのままSSDで運用しています。

前と重複しますが、ドライブの使い分けとして、音源データを格納している2本目、3本目は書き込み以外ほとんど触らない。読み出しのみで使います。前のPCは5年以上運用したけど、このやり方の方がファイルが無くなったり破損したりしにくいと思われます。

OSドライブはPC駆動、プラグインのインストールなどはコチラにしています。データドライブよりは書き込み頻度が高い感じ。

で一番書き込みも読み出しも多くなる楽曲データは外付けドライブに保管して、半年から1年に1本程度、使用状況に応じて買い直していってます。

書きついでにワンポイント、、、

記録媒体は容量の半分くらい使ったら新しいドライブを買っています。ま、SSDだと70%くらい使っても良さそうだけど。容量ギリギリまで使うと前のデータを消しながら書き込むため、急に速度が遅くなったりファイル破損の原因になりやすいです(学術的な見解ではなく、経験則として)。楽曲データは長いもので10年以上保管する場合もあります。使い終わった後もたまにファイルを開いたり、作業したりする必要があるので、ドライブには極力負荷をかけないよう心がけています。

以上かな、、、久しぶりすぎて終わり方が分かりません笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。