PC自作・ザ・セカンド(メモリ編)

引き続き今回のPC自作で選定したパーツを紹介、というか記録だなこれは。第1回も簡単にメモしておいたんですが、意外にも結構な回数、自分で見返したんですよね(笑)

メモリはMicron社製DRAMを使用したSanMaxメモリーの64GBにしました。メモリスロットは2チャンネル4本(2枚づつ対で使用し、全部で4枚挿せる)あります。後々128GBの必要性を感じるかもしれないのでアップデートできるよう、32GB x 2のセットです。16GB x 4との速度差はないとのこと。

こちら秋葉原アークさんが正規代理店とのことでオンラインから購入しました。

メモリへのこだわり、、、

総容量よりメモリの速度を気にしています。DAWはもちろん動画編集ソフトなどの挙動にかなり大きく影響するからです。

MICRONといえば過去にApple社Mac製品群で純正採用されてたこともある(米国唯一で最大手だから当たり前っちゃー当たり前w)企業。そこのメモリチップ(DRAM)を日本国内でDDR4メモリへと製造したのがSanMaxさんということで、「素性」がハッキリわかっている中で、適度に安価というのがポイント👍

実はいま市場に出回っているメモリの大容量セットって、自分調べの限りだとDDR4 3200がほとんど(他も注文は出来るが取り寄せだったりで即出荷ではない)で、これってAMD社製のRyzenシリーズは対応しているけど、Intel CPUは定格対応じゃないんですよね。"未対応"だと動かないかというとそうではなく、マザーボード側が自動的にオーバークロックするか、逆にこの場合はCPU側から制限がかかるので3200で動くものを2933の速度で運用するということになる。。。なんか気持ちが悪い(笑)

調べたらDDR4 2933で即出荷してくれる大容量メモリがこれだった、というのはあります。ここも定格電圧で長く運用したいこだわりポイントです。

DAWの場合、メモリの総容量は大きければ大きいほど速いという検証結果があるくらいだけど、個人的な印象としてはメモリそのものの規格差(DDR3,DDR4といった規格差、また2400とか3200といった速度表示の2点)ほど大きくは影響しないと思ってます。加えて実務として現行PCの「DDR4 2400 32GB」でも今まで困ったことは無い事も鑑みて、"個人のお楽しみ程度"に「1段ステップアップ」でも良いでしょうという判断でした。

蛇足ですが前ポストで紹介したマザーボード、今回ASUSにしなかったのも、このメモリ規格対応が影響していて、ASUSのマザーで良さそうな製品が全て2933メモリに対しオーバークロック扱いだった点。対してGIGABYTEは2933の運用に定格で対応していたと、そういうわけです。

総容量については、海外フォーラムに出没する特に劇伴作家などはまた別次元の考え方をしているようで、高価なサーバー系マザーボードに256GB(X299チップだとメモリスロットが8本4chになるので32GBx8枚積めば実現可能)とか普通に積んでたりするみたい。凄い世界です。私のような省エネ作家はそんな超絶機能たぶん必要ないので、とりあえず必要とあれば128Gイケるけど、という設定を残しつつ取り急ぎ64GBで頑張ってみようと思ってます(笑)

ではまた次回のポストをお楽しみに~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。