DRIP-追記あり-

ちょっとこんなツイートしちゃったので補足というか、振りの受けみたいな感じで書いておきます。これ系でいくつか挙がってきた気になるプラグインを全部買ってみました(^^♪どれも安価につき、トライアルの用意が無いので行ってみるしかないかと言うことで。

基本的に24個の"それっぽい"エフェクトが"それっぽい"プリセット名で並んでいて、切り替えて、エフェクトの強弱を調整する感じ。Bit Crushとか、Frequency ShiterとかモジュレーションとかLFOとか、難しい言葉は一切なし(知識のあるオッサンには逆に分かりづらいぞw)。

SHAPEはEQとかビットクラッシュ、いわゆる汚し

HEATはサチュレーション、オーバードライブ、いわゆる歪み滲み系

SPICEはモジュレーションとかフランジャーとか、ピッチ触るとか

DEPTHはディレイとかリバーブなどの空間系

で、各操作素子の中もプリセットと同じ名前を選べるので、組み合わせで独自のセットも構築可能(ただそれは保存できないっぽいw)。

で、その効果のほどはというと、

結構、いやかなり良い感じ。何やってるかはだいたい分かるけど、知識ベースで何かやろうとすると音をまったく詰められない(笑)。逆に

「聞いた感じでなんとなく使っていく」

方にはこれ以上に分かりやすいものは、なかなかないんじゃないかと思いました。ジャンル的にはローファイビーツや、トラップのあのふわっとしたウワモノなどを作りたい時に重宝するかと思います。ま、開発か販売か分からないけどKyle Beatsが推してて、彼のジャンルもそういう感じだからね。

ただ音自体に目新しさは全くないw。どのエフェクトも聴いたことあるような、また作ったことあるようなものばかり。「そこが良いんじゃん」と言われればまさにそうで、とりあえずこれをかければ何でもいい感じです。あと実際に他のプラグインで同じ効果を作るとなると、4つくらい重ねないといけないので、その手間が省ける利点はかなり大きい。

自分は、、、基本的にうんちくが嫌いだから、こういうなんとなく出来ちゃう系は好き(笑)長く使うかは分からないなぁ…ローファイばっかり作ってるわけじゃないから。

値段ね、既出のプログラムコードを並べて良い感じのグラフィックでまとめただけで50ドルってちょっと高いけど、何にでも使えるし役には立つので目をつぶってポチることをお勧めします(笑)

-追記-

いざ使うとなったらガシガシ使うタイプですので、ここ数日でいろんな音色に試してみました。その印象を追記します。

やはり、「弱いかな…」というのが一番の印象です。

先日述べた通り、ピンポイントで昨今のトラップのウワモノのようなフワフワしたよくわからない音を作るのには適していると思います。が、24種あるプリセットがほぼその用途に特化しているため、音作りの幅としては非常に狭い(笑)

またほとんどのエフェクトで出力レベルが結構変わるのに、マスターレベルの調整がプラグイン内部で出来ないため、汎用性があるはずの音作りのツールと言う点では結構不利です。

ですので、もろトラップ風のサウンド以外には使いにくいかもしれないと思いました。価格も絶妙ですし、やはり万人にはお勧めできない怪しい製品でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。