試験的にOZONE9のスタンドアロン単体でマスタリングを進めてみました。ざっくり言うと非常に強力な「処理能力」です。外側からじわじわ攻めるというより、一気に2ミックスのど真ん中に"飛び込む"感じが面白いです。

 出来るのに実務上でそれをやってこなかったのにはそれなりに理由があるけど、ちゃんと取り組めば"いわゆるOZONEっぽい仕上がり"にもならないですし、今回少し深く知ったことで見えた新しい可能性は大きいです。

 ↑ちょっと小難しい動画ですw。要は「初期設定をいろいろ触ってみるといいよ」ってことと、「いろんなところに隠ボタンみたいなの置いてあるよ」ということだと思うw

 音源を発表したいけどマスタリングツールを何にするか迷ってる方は取り急ぎOZONEシリーズと長く付き合ってみるのも結構お勧めです。EQ、ダイナミクスといった各モジュールが単体で使えるフル(Advanceレンジ)だと値段が安くはないので、破格セールwやクロスグレードを利用すると良いと思います。

 市場にはいろんなツールが山ほどありますが、できれば少ない数の良いツールを深く使えた方が、大事な「音」は良い結果が出やすい。たくさん持つことが嬉しい人も多いでしょう。でも個人的には音とツールの数は相関関係にないと思う。人それぞれあっていいと思ってますが。

 現状のOzoneでこれからの機能追加に期待したいのは、

  • 楽曲を並べる機能(曲順や曲間を決めます)
  • ISRCなどの入力機能
  • DDP書き出しなど各種フォーマットへの対応

 なんですが、これって全てCD製造(一部はレコードやカセットにも流用できる)のための工程なんで、iZotope開発部的には無視し続けても問題ないと思ってるはず・・(笑)実際Spotifyなど各種ストリーミングサービスへの納品であれば単ファイルごとの登録ですし、入稿した先のアグリゲーターが再生回数をカウントしてくれるので上記のような機能は全く必要ないです。

 ただ、今現在でもCDを製造している人々は少なからずいるので、そこは上記機能が備わっているSteinberg WavelabPresonus Studio Oneなどと併用していく必要があります。蛇足ですが、昔Studio OneはDDPにCD TEXTを勝手に書き込むという問題があって(それでStudio One使わなくなったw)、これCDのプレスが東南アジアなんかだとNG差し戻しになることがあったんですが、もう直しましたよね、流石に(笑)

 考えたらCDってわりとハードルが高いプロダクトかもですね。しっかり"ちゃんとしたDDP"を作ろうとすれば音楽以外のところで結構な量の知識が必要ですし、その情報は閉ざされてたりするので。

 話は戻ってそういうわけで、特にメジャーレーベルとかでなければDDPを要求されることはないし、これから頑張っていく方々はOzoneだけでも大丈夫ですよ、というお話でございました。

 せっかくなので私が思うOzoneのいいところを書いておきます。

 基本的にツールっていうのは使い込んで思考を重ねれば、どんどん良い結果が生まれます。しかしこれがプログラムだと元々用意された機能によって一定の制限があるというか限界が来ることがあって、それがOzoneに関してはまだ感じないことかな。「そういうことか!今度試してみよう!」って、いまだにそういう発見があります。

 最初に書いたようにフルOzoneでマスタリングを行ってみて、非常にフレッシュな結果を得られました。"自分が使うツール"として改めて大きな可能性を感じています。

そういえば!PC自作の時ってわりとケースにも拘ってるんでした。

ただ拘っているわりに得るべきものを得ているかはちょっと不明(笑)

全くわからない方のために、PCケースはマザーボードの規格から選定を始めます。マザーボードの規格にはE-ATX、ATX、Mini、Microなどあります。規格によって変わるのはマザーボード自体の大きさ、そして拡張性です。特にPCIカードの転送速度と挿せる枚数が変わります(詳しくはこちら)デスクトップPCでDTMやろうって人は大体E-ATXとかATXだろうけど、個人的にはMiniATXでも良いと思っている。

ちなみに1代目のPCはE-ATXでケースも両手で手が回りきらないくらいw大きかったです。デスクトップなんて普段動かさないんだから大きくてもいいだろとか思ってたけど、実際は何回も外スタジオに持ち出して仕事したりしたものですから、今回はちゃんとATX対応の中でも小さめのケースを選びました。

選んだのは"Fractal Design Define C"

もうどこのPCショップにも置いているような定番機であり、新しくもない物です(笑)価格的にはそこそこする(安くはない)。持ち上げた時の筐体の剛性感とか、全体が厚めの鉄?で覆われていて、全体的に質感が高いと思いました。ここがプラスチックなど軽い素材だと内部の音に共振しやすいため、いわゆる静音能力的には落ちるのかなと思います。ま、爆音だと鉄でも響きますけども(笑)

PCパーツ業界について全体的に言えるのは、音響という点では意識が高いとは言えないため、メーカーによっては内部にスポンジを貼っただけで「静音ケース」とか言い出す始末です。その点はあまり信用できない(数値的なデータを公開しているメーカーもありますが)。ですのでケースだけは実際に店頭に出向いて、自分で触って質感の高いものを探す方が良いように思います。

周波数にもよりますが、基本的に音は密度が低く軽いものから順に共振しやすい性質があります。ですのでプラスチックよりは鉄が良いし、薄いより厚い方が遮音性は高く、PC壁面の共振による内部の音漏れの音はしにくいと言えます。

とはいえ、ファンの吸気用の開口部はどのケースにも必ずあるので、ファンの音がしないPCというのは実現が難しいです。ですのでケースひとつで静音完璧、みたいにするのは現状不可能です。そこにコストをかけるよりは、作業の邪魔にならない程度の静音を目指すために、パカみたいにハイスペックなグラボとか、TDPが高く発熱の大きいCPUなどを避ける方が得策です。またBIOS側からの設定でオーバークロックや自動ブーストなどを制限することで、全体的な静音パランスを目指すなどの方法がより現実的かなと思います。

ブログ書き書きモードなの。

誰も頼まれてないのに自作PCのパーツを紹介し続けるシリーズ、これで最終回かなぁ?今回は電源と冷却ファンについて書こうと思います。

電源は特にこだわりはないのですが、信頼できそうなメーカーのものを。今回はCORSAIR RM850x2018をチョイス 

前のPCもCORSAIRだったので、配線とかもろもろ含めて慣れてるし安心でしょうとかそのくらいのものです。6年前から考えればCPU、GPU、その他もろもろの消費電力は上がってますのでね、なかなかの電力量が必要でしょうねというっことで、調べたらそうでもなかったw

調べた、、、そう必要電流の計算機があるんです(ドスパラさんに感謝

で、これになりましたと。

続いて冷却系です。

冷却系はコアユーザー界隈でも様々な派閥があるんですが、私は空冷派。前にも書きましたがOCしませんので鬼冷却とか、何かを犠牲にして水冷とかそこまで必要ございません。水冷は水冷で簡易水冷とかあって、昔に比べたらストレスフリーですし、いいもんです。水冷をディスしたいわけじゃないので悪しからず。

冷却ファンは騒音に直接影響するためそこはちょっと気にしました。

選んだのは「Venturi HP-14 PWM White」

ポイントは高回転でない。風量が多い。より静かな14cm。

CPUファンは「Noctua NH-D15S」です。秋葉原で店頭を漁ってたらファンはNoctuaがいいみたいなことが書いてあって、欲しい型が在庫切れだったのでこれ、みたいな感じ。ケース幅とメモリを挿す位置との干渉がないことを確認の上だけど、ファンはでかい方が静かで良いと思っている(笑

さて、冷却のことを考えるとき、空冷ならば少し気にした方が良いのが、PCケース内部の正圧と負圧。ファンの吸気量と排気量のバランスで内部の圧力が少し高いとか低いとかそういう話なんだけど、ここが詳しくて良かったです。ファンの位置による騒音の変化まで言及しているので、ぜひ参考にしてみては?

自分はこの記事の通り「正圧モード」にしてる。側面吸気まではやってませんがいずれ、、、です。